【お酒・ロゼワイン】ヴィルヘルム ワルク ローズ ヴィニェティ ドロミティ 2019

ラグレインとピノネロのミックスによるロゼ。葡萄の破砕後、果皮は取り除いてステンレスタンクにて発酵。チェリーやスグリなどの赤い果実のチャーミングな味わいを持ちつつ、ほんのりとした渋味もあり、食中にも最適です。

1869年にヴィルヘルム・ワルクが、家族と共にテルメーノに移り住むと同時に創業しました。カルダロ、テルメーノ、コルタッチャの三つの生産地域の畑で葡萄を栽培し、150年に渡りピノグリージョやグレイン、ケヴユルツトラミネール等の地場品種とシャルドネ等の国際品種でワインを造り、販売してきました。アルトアディジェの風景と気候を映し込んだ様な透明感とピュアな果物味を素直に表現したワイン造りが特徴です。

名称:Wilhelm Walch Rose Vigneti Dolomiti IGT 2019
名称(カタカナ):ヴィルヘルム ワルク ローズ ヴィニェティ ドロミティ 2019
バーコード:80235316
内容量:750ml
品目:果実酒(ロゼワイン)
原産国:北イタリア・アルトアディジェ州テルメーノ
生産者(ワイナリー):Wilhelm Walch(ヴィルヘルム ワルク)
アルコール度数:12.5%
ブドウ品種:ラグレイン、ピノネロ
合う料理:スペック(軽くスモークのかかった生ハム)、ほうれん草のオムレツ
味わい:辛口
ラベル表記:酸化防止剤(亜硫酸塩)含有
容器の種類:瓶(コルク)
輸入発売元:イタリア商事株式会社