【お酒・赤ワイン/微発砲】マルコ コルダーニ マジア グットゥルニオ フリッツァンテ 2018

8月下旬の収穫後、圧搾し9日間のマセレーション。セメントタンクで発酵・静止を経て9ヶ月後にボトリングし瓶内で二次発酵で微発泡化される。極軽く紫がかった濃色のエキス。プラムの様な甘みにキレも感じられ、ブルーベリーを彷彿する果実味がたっぷり味わえる。酸は程よい程度で、全体的にボリュームのあるのが特徴。

Marco Cordani(マルコ コルダーニ)は、イタリア最大の河川、ポー川のほとりにある町「ピアチェンツァ」はボローニャとミラノを結ぶ幹線上にあり、更にトリノから来る街道と交差する交通の要所で、古くから栄えた街です。ピアチェンツァから車で40分程のカルパネートピアチェンティーノは、この土地のワインGutturnioの生産拠点の一つであり、ワイン祭りも行われます。さらに数キロ離れたチェッレーリ地区に5ヘクタール程の畑を持つコルダーニ家は4代に渡って畑を耕し、乳牛を育てていた農家でした。
現在は当主マルコが栽培から醸造、販売までを行っています。そのワインは北イタリアの先進的なナチュラル食品の店やレストランに並べられ、生産数が少ない為、イタリア国内でも滅多に見かける事がありません。規模を小さく、その分丁寧に作られたワイン。

名称:マルコ コルダーニ マジア グットゥルニオ フリッツァンテ 2018
バーコード:—
内容量:750ml
品目:果実酒(赤ワイン/微発砲)
原産国:イタリア エミリア=ロマーニャ州ピアチェンツァ
生産者(ワイナリー):Marco Cordani(マルコ コルダーニ)
アルコール度数:14%
ブドウ品種:バルベラ、ボナルダ
合う料理:サラミ、ウナギの蒲焼、豚肉の生姜焼き
ラベル表記:酸化防止剤(亜硫酸塩)含有
容器の種類:瓶(コルク)
輸入発売元:イタリア商事株式会社