【お酒・ロゼワイン/微発砲】ファットリアカッパ エタベタ ロザート IGT トスカーナ ロザート フリッツァンテ 2018

三年目のロザート・フリッツァンテはサンジョヴェーゼに力点を置き、ヴェルメンティーノの爽快さ、シラーの力強さを加えた、凡そロゼとは思えない濃厚な紫かかったグレープ色豊かな色彩が印象的。定温マセレーションの後プラスチック桶で天然酵母による発酵。発泡にはモストの一部を予め冷凍しておき、アルコール発酵の後にボトリングの際に加える方法を採っている。
飲み易さ抜群のエキスはブドウジュースその物かと思う程の飲み易さ。酸味が浮き出る訳でも強烈な果実による濃厚さと過度な甘みは無く、ブドウ自体のジューシーさを究極的にまで追い求めたという仕上がりにアンドレアの特異なセンスを感じる。

Fattoria Kappa(ファットリアカッパ) は、トスカーナ州リヴォルノの内陸に位置するカステッリーナマリッティマを拠点とする、小さな生産者。オーナーでもあるアンドレア・ディマイオ氏の指揮の下、畑は基本的に有機栽培を実践し、ワイン造りについてはビオディナミを取り入れるなどし、独自のワイン感に基づき個性的なワインを生産している。複数の葡萄を使いながら、その緻密なまでに高い完成度を誇るワインは近年評価を高めている。

名称:ファットリアカッパ エタベタ ロザート IGT トスカーナ ロザート フリッツァンテ 2018
バーコード:—
内容量:750ml
品目:果実酒(ロゼワイン/微発砲)
原産国:イタリア トスカーナ リヴォルノ カステッリーナマリッティマ
生産者(ワイナリー):Fattoria Kappa(ファットリアカッパ)
アルコール度数:11.5%
ブドウ品種:サンジョヴェーゼ、ヴェルメンティーノ、シラー
合う料理:サラダ、カルパッチョ
ラベル表記:酸化防止剤(亜硫酸塩)含有
容器の種類:瓶(コルク)
輸入発売元:イタリア商事株式会社